株式会社通信設備エンジニアリング

サイトマップ ロゴマーク

ごあいさつ

  • 会社概要
  • 取扱品目
  • アクセスマップ
  • 募集
  • 品質方針
  • 地域貢献活動
  • 150万本植樹行動

甲子園大会において、松坂大輔投手らの活躍により横浜高校が優勝し、プロ野球では、横浜ベイスターズが38年ぶりのリーグ優勝に続き、日本シリーズも制覇するなど、全国的に横浜が注目された1998年(平成10年)10月に、弊社はその横浜の地に誕生いたしました。

弊社のグループ会社である通信設備株式会社は、1966年(昭和41年)6月に設立以来、各種建築物に伴う電気通信設備(セキュリティシステムやコミュニケーションシステム、AV(映像・音響)システム)の設計、施工を事業の核として本業を貫いてまいりましたが、一億総中流時代がいよいよ過去のものとなり、「日本列島総不況」と言われた時代背景において、新築物件も減少する中、設備の保守、修理サービスの重要性に着目し、従来その部分を担当しておりました部署を分離独立し、設立に至った次第です。

お客様が永続的に安心かつ安全に設備をご使用いただくためにも、きめの細かい保守点検、そしてスピーディな修理対応を行うとともに、設備の状態を把握している私どもだからこそ可能な、中長期修繕計画をお客様の視点に立ってご提案するなど、受動的活動に加え、能動的活動も特に強化しております。また、弊社が主に取り扱っている商品、システムは、日進月歩に新しくなり、技術力の向上も求められております。お客様が満足するサービスを継続的に提供するためにも、プロ意識の強化を図り、人材育成にも力を入れております。

顧客満足を主眼に置き、感謝の気持ちを忘れることなく、責任感と使命感を持って継続的改善に取り組むことを弊社の礎とすべく、2006年(平成18年)5月には、ISO9001:2000の認証を取得いたしました。ここを第二の原点とし、今後はさらに視野を広げ、特に地域貢献という側面から社会的責任を追求する企業を目指します。

お客様をはじめお取引先様のご支援ご協力のおかげをもちまして、2008年(平成20年)10月には設立10周年を迎え、皆様にさらにご愛顧いただけるよう邁進してまいる所存でございますので、より一層のご指導ご鞭撻を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 工藤 樹

横浜写真