株式会社通信設備エンジニアリング エンジニアリング部 第2課 課長 飯野 泰和

先輩が後輩をしっかり支えていく。当社グループの良き伝統です。

私は、入社して20年になります。入社当時の先輩方には仕事の指導はもちろん、失敗してしまった時のフォローなど、いろいろお世話になりました。その恩に報いたいと思いながら続けてきて、いつの間にか20年経っていたという感じです。先輩が後輩をしっかり支えるというスタイルは当社の良き伝統だと思いますので、今度は私が部下たちをしっかり支えなくてはいけないと考えています。
私は、部下には「言いたいことや聞きたいことがあれば、いつでも言ってほしい」と伝えています。年3回、一人ひとりとマンツーマンで話をする面談の機会を設けており、そこで悩みや要望、愚痴などどんなことでも話してもらい、“溜め込み厳禁!”で発散してもらうようにしています。

自分の時間や家族との時間を大切にしてほしい。

私たちの部署は、非常放送設備と監視カメラ設備のメンテナンスを主に担当しており、お客様の現場の関係で、どうしても土日に作業を行わなくてはならないケースがあります。もちろん休日に出勤すると代休が取れるのですが、たとえば、その日がお子さんの学校行事などと重なった時に、社員同士がフォローし合って、きちんと休めるような体制を構築することが今の課題です。
また、日頃の業務においても、その日にやるべき仕事が終わったら、先輩や上司がまだ残っていても、周りを気にせず、早く帰るように促しています。忙しくなれば、帰りが遅くなる時も出てくるので、早く帰れる時は早く帰宅して、自分の時間や家族との時間を過ごしてリフレッシュし、翌日また頑張ってくれたらと思っています。

気軽な感じで面接に来てください。根気のある方、歓迎です。

私たちの会社に少しでも興味を持たれたなら、身構える必要はありませんので、気軽な感じで面接や会社訪問に来てください。特に準備するものも、勉強しておくこともありません。知識や技術は入社してから、学んだり、慣れたりすれば大丈夫。必要なのは、根気です。やる気より、まず根気。やる気は体調や気分で左右されますが、それよりもどんな時でも続けていこうとする気持ち、つまり根気のほうが仕事を行っていく上では大事なのではないかと考えています。
これから就職を目指している皆さんには、面接や会社訪問を通じて、私たちの会社がどのような会社なのか、どのような仕事をしているのかを確認してほしいと思います。そして、「ここなら続けていけそうだな」と少しでも思った方は大歓迎です。みなさんの来社をお待ちしています。
エントリーはこちら
通信設備株式会社
株式会社
通信設備エンジニアリング